ヘッダー・コニファロゴ
HOME > コニファマメ知識一覧 > 2次元コード



コニファマメ知識

2次元コード

  • 文字や数字などのデータを二次元の図形パターンとして刻印する技術、またはその規格のことを指します。

  • 従来のバーコード(1次元コード)に替わる技術として開発、発展してきたもので、現在「スタック型」として、RDF417、Code49、Code16k、「マトリックス型」として、Maxi Code、QR Code、Data Matrix などがあります。

  • 携帯電話の画像読み取り技術の発展とともに広まったQRコード(QR Code)を例にしたバーコード(1次元コード)との比較。
    ・同じ情報量なら30分の1のスペースで表現可能。
    ・大容量 数字だけなら 最大7089文字
         英数字なら 最大4296文字
         漢字なら 最大1817文字 のコード化が可能。
    ・3ヶ所の“切り出しシンボル”によって、360°どの方向からでも読み取り可能。
    ・コードのデータ領域面積の30%まで汚れたり欠損しても、データを復元して識別が可能。 coni_mame83.html

QRコードによるこのページのURL
サンプルQRコード

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。




Copyright© 2013 Conifer,Inc. All rights reserved.