コニファ・マメ知識:平成25年版 情報通信白書から・「スマートICT」




出典:総務省・平成25年版 情報通信白書

「スマートICT」の戦略的活用でいかに日本に元気と成長をもたらすか

新たなICTトレンド=「スマートICT」が生み出す日本の元気と成長

(2)ICT分野での転換現象とICTの最新トレンド -スマートICT-

「ムーアの法則」が示すように、ICT分野は一貫して急速に技術革新が生じてきた。
それに対応して、関連する製品・サービスや利用方法は一貫して目まぐるしい発展を遂げてきているが、その流れを大きく分類すると、(1)コンピュータが汎用機からパソコンへと変化した1980年代の「デジタル革命」の時代、(2)インターネットの普及とともにネットワークのブロードバンド化、Windowsパソコンの普及、(音声中心の)携帯電話の普及が進んだ、1990年代中盤から2000年代中盤の「ネットワーク革命」の時代、(3)インターネットの社会基盤化が進むと同時に、モバイルの高速化、クライアントサーバーシステムからクラウドサービスへの移行、ソーシャルネットワークの普及が進んだ2010年前後の「ユーザー革命の時代」に大別できるものと考えられる。

さらに、現在スマートフォンやタブレット端末の普及により、利用者はいつでも、どこでも、インターネットを通じて世界各地の様々な情報にアクセスすることができるようになるとともに、M2Mによりモノとモノ、人とモノも常時つながり、人手を介さずにデータが生成・流通・蓄積されることになった。

このようなインターネット・モバイルの社会基盤化による情報流通・蓄積が、いわゆる「ビッグデータ」と呼ばれる現象を生み出し、プロセッサによる情報処理の高速化やストレージの大容量化、価格低下と相まって、ソーシャルネットワークにおけるコメント分析だけでなく、電力網、交通網、水道網など様々な社会インフラのリアルタイム管理や、自動車の自動運転など、様々な付加価値が「ビッグデータ」から創出しうる環境が整備されつつある。

また、ユーザーからみればいつでもどこでもインターネットを通じたソーシャルなつながりが確保され、様々なICTサービスをスマートフォン等を通じて受けられる状況にあり、これは「ユーザー革命」とも呼びうる状況を生みつつある。その一方で、このような変化は、ICT産業やそれを取り巻く環境に大きなパラダイム転換を生じさせつつある。



banner画像(sサイズ) include-4(横位置)