コニファ・マメ知識:O2O(Online to Offline)とは




O2Oとは「Online to Offline」の略

O2Oとは、ネット上(オンライン)から、各種情報を取得、発信することで、実店舗など(オフライン)におけるユーザー(顧客や一般消費者)の行動に影響を与えるような施策のことを指します。

例としては、実店舗をもつ販売店や飲食店などが、ネット上で、位置情報連動サービスを利用して実店舗の認知をすすめたり、ネット上から、割引や付加サービスなどのクーポンを配布して、実店舗への来店促進、ユーザーの情報とリアルタイム連動して、実店舗での接客サービスの向上、購買の際の付加価値提供などがあります。

スマートフォンの普及にともない、スマートフォンユーザーによるEC決済が伸びる中、O2Oは、ますます重要になっていくと思われます。