ヘッダー・コニファロゴ
ブラウザ(IE)の後方互換モードによるwidthの解釈の違い

(バックの1マス20px)

width:360px;height:100px;
background-color:#00bfff;

width:360p;height:100px; padding:20px;
border: 10px solid #000000;
background-color:#ffffff;

●widthの解釈バグ
ブラウザが正しい解釈をしていれば、ブルーの四角よりも下の黒ケイ囲み
の四角のほう(黒ケイ部分を含んだサイズ)が上下、左右とも60px大きく
なるはずで、もし同じサイズなら不正です。

正しく解釈していれば、下のgifイメージのようになります。
解説画像

これは主にIE4や5で起こりますが、IE6、IE7でも後方互換モードの場合は同様になります。
後方互換モードとは古いバージョンのブラウザに合わせた動作モード)。

現在このページのDOCTYPE宣言は、
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
となっています。(後方互換モード)
これを
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN">」(標準モード)
に変えたものが→次ページです。

→関連ページ:「!DOCTYPE文(ドキュメントタイプ宣言)による「標準準拠モード」と「後方互換モード」

関連ページ:マメ知識「CSSハック・ボックスモデルハック」





戻るボタン
Copyright© 2018 Conifer,Inc. All rights reserved.